2011年3月29日火曜日

消え行くものたち

福島県の原発問題で屋内退避の対象圏内の南相馬にいた母の実家の親族が、神奈川まで車で避難してきて、私の住む所のすぐ近くのアパートで暮らし始めました。そのアパートのすぐ前にはかつて自然保護区域かと勘違いされるほど木々が生い茂った一角があったのですが、最近になりそれら木々が伐採されたため今までよく見る事の出来なかったお宅が現れました。そこはかつて伊藤博文の別荘の一つだったとのことで、お宅の中には隠し階段があって、いざという時に身を守るための設計がなされていたとか。ここいらではこれだけの大木があるところは少なく、地域でも残してほしいという声も出ているようですが、地主さんは少しは木を残しはしても、家は取り壊しにしてしまうつもりだそうです。やがてこのお宅もその周りの大きな木もなくなってしまうのかと寂しい気持ちがします。せめてスケッチでその姿を残そうと想い、描かせていただきました。

My aunt and cousins took refuge from Minamisoma, Hukushima prefecture and now they are living in the flat near my place in Kanagawa prefecture ( south of Tokyo) . In front of the flat, there used to be a thickly-wooded area where one could mistake it as a protected area or so. But recently they started cutting down these well grown trees then an old house appeared in the site. They say that it is one of the villas of the first prime Minister of Japan: Itō Hirobumi's. The house has secret stairs for security in case of attack/raid by the enemy. It is such a historic building yet the landlord is going to demolish the house and cut down more trees. People living near the house will miss the view it used be.

大きな楠

アパートからの眺め





2011年3月22日火曜日